Ozobot(オゾボット)2.0 Bitの使い方を解説&学習のヒントをご紹介!

初めまして、株式会社Castaliaインターンの矢島です。まだまだOzobot初心者です。

この記事を読んでくださっている方の中には、弊社が正式輸入販売代理店として売り出している、手のひらサイズのプログラミング教育ロボット、Ozobot 2.0 Bitが手元に届いたという方もいらっしゃるかと思います。

ただ届いた後に、具体的にどうればOzobotでプログラミング的思考力を学ぶことができるのか、戸惑っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方に向けて、いくつかの使い方のヒントをご紹介します!

紙とペンで「プログラムを体感」する、新たなプログラミング学習

Ozobotがたどって動くのは、4〜6ミリの線の上です。既に線が印刷されている用紙をプリントアウトして、その上を辿らせて遊んでもいいのですが、今回は手書きでプログラムする方法を紹介します。自分の引いた手書きの線の上をついてくるロボット、可愛いですよ!

Ozobotが認識するのは黒・赤・青・緑の4色です。この4色の組み合わせによって、Ozobotに指示を与え、うまくいけば自在に、時に予想外に動かすことができます。

必要なものは4色のマーカーです。黒い線を引いた後、その道の途中に赤・青・緑の色を描き込むことで、Ozobotはその色と配列の順番を読み込みプログラムを実行します。

電源のオンオフや、キャリブレーション(センサーの調整)などの基本的な使い方は、下記のリンクをご覧ください。

>>Ozobotの基本的な使い方

 
 

 

Ozobotのセンサーがよく反応する三菱鉛筆のプロッキー

カラーコードで、Ozobotをプログラムする

 

手書きのカラーコードとOzobot

上の写真が、このプロッキーで描いてみたコードです。

線の黒色ともう1色の、2色だけのコードもあれば、黒を含めた3色のコードもあります。「赤・緑・青」といった配列の場合は、コードの左、もしくは右のどちらからOzobotをスタートさせるのかといった、走らせる向きも大事ですね。

>>カラーコード参照表はこちらから


しかし私みたいな極度の不器用だと、上の写真を撮るまでに何回線を引く練習をしたかわかりません。

例えば、色の配列だけでなく色の間隔も大事です。色の範囲が長すぎるとコードとして認識されません。皆さんはサササッとコードを書けるかと思いますが、私はこういう予想外の部分でつまずいていました…。

家庭や学校で子どもたちに学ばせたい場合など、なかなかカラーコードの長さまで教えるのは難しいですよね…

 

上段の色の幅ならOKです。下段は間隔が広すぎました。

そんな場合でも、一瞬で、確実に線を引ける方法があります!!

Ozobot専用のカラーコードシールを使ってみよう!

 

Ozobot日本語版特製のカラーコードシール

それがこちらのカラーコードシール!

>>【国内正規品】Ozobot(オゾボット)専用カラーコードシール3枚セット

今なら先着45セット限定で、特別価格で販売してます!(※終了致しました)

>>【国内正規品】Ozobot(オゾボット)専用カラーコードシール3枚セットを販売開始しました!限定45セットを880円(税込送料無料)にて販売中!

使い方も簡単で、マーカーで引いた黒い線の上に、このシールを重ねるだけです。日本語での説明もついていて、どのような指示のコードなのか分かりやすいですね。

 

カラーコードシールを使ってみました。

私の手書きコードより、明らかに動きがスムーズです!もちろん手書きでも動くのですが、確実にコードの指示通りの動きをするようになりました。

こちらのシールには、通常より少し速いスピードで動くようにプログラムする「はやく」や、猛烈に走り出す「ターボ」を始めとして、「ゆっくり」「かたつむり」「Uターン」「一時停止」など12種類のカラーコードが各2~3枚ずつプリントされています。

各シールの説明や使用方法は、下記のリンクをご参照ください。

>> カラーコードシールの説明はこちらから


今だけ限定価格です!ご購入はこちらから。

>>【国内正規品】Ozobot(オゾボット)専用カラーコードシール3枚セット