山口YCAMにて行われたプログラミング教育勉強会に参加してきました。

2017年2月18日(土) 山口県山口市中園町にある山口情報芸術センター(YCAM)にて行われたプログラミング教育勉強会にて、Ozobotの指導者向けセミナーを行いました。

山口大学教育学部とやまぐち総合教育支援センターが連携して始められたプログラミング教育勉強会は、今回で4回目を迎えるそうです。子ども✕企業の実践をもとに様々な考えを語り合うというテーマを元に話し合いが持たれました。

まずは、NTT西日本の松浦さんから「寝屋川市におけるプログラミング教育実証事業」を紹介され、プログラミング教育の動向や必要性について情報提供を行いました。次に実証事業に用いたOzobot Bitのワークショップを体験してもらいました。

Ozobotワークショップでは、Ozobotの基本的な動きから初めて、OzoCodeの使い方やOzoBlocklyプログラミングまで一通り体験してもらい、Ozobotを使って教えていく上でポイントとなる点を伝えました。


参加者は山口県の小学校・高校・大学の先生やYCAMのキュレータの方々といったアートや教育に関心の高い人々ばかりで、Ozobotの面白さを理解しつつ、自分なりのOzoBlocklyプログラムを作り変えたりと非常にレベルの高いワークショップになりました。