大学機関でozobotを使った研究が行われました!

兵庫教育大学大学院にて、Ozobot2.0を活用した研究兼実践活動が昨年度の1年間で行われました。

対象者は大学生・院生・大学教員などの部と、年長から小6までの部、複式学級と5年生でした。

活動報告が兵庫教育大学のwebサイトに載っておりますので、ぜひご覧ください。

実際にOzobotを体験した参加者からは、

「プログラミング学習ソフトなどもいろいろ出ていますが、目の前で実物が動くというところがとても楽しくていいと思います。」

「プログラミングとは・・・を知るには、とてもわかりやすい教材でした。何かの目的のために、どんなプログラミングをすればよいのかを考えるような授業を展開されるようになるのでしょう。」

「私自身機械に対して疎いため、プログラミングと聞くだけで遠いもののように感じていました。しかし、パソコンを使わずにプログラミングの授業を行うということから、興味を示しました。内容としてもとても指導のしやすい教材であり、改善点は多いですが指導者も同じ立場で楽しむことができました。」

との意見が出ました。詳しくご覧になりたい方は、上記「平成30年度課外プロジェクト実施報告書」をチェックしてみてください!

CIMG0045.JPG

子どもから大人まで、どんな方でも楽しみながら、プログラミングの基礎を学ぶことができるOzobotを、2週間無料で借りられる、クラスルームキット。

気軽に借りて、簡単なワークショップを開いてみませんか?