【イベントレポート】小学校教職員でプログラミング教育の研修!

2019年5月5日に静岡市立麻機小学校で、教職員によるOzobotを使ったプログラミン教育の研修が行われました!

素敵なレポートが届いたのでシェアします!

IMG_2140 - TA DA.JPG

◯実践理由

プログラミング教育の研修

◯実践目的

ozobotに触れることでプログラミング教材の可能性について話し合う

◯実践の流れ

16:30~ Ozobotについて

16:35~ Ozobotを動かしてみよう

16:40~ カラーコードを使ってみよう

16:55~ カラーコードでプログラミングしてみよう

17:20~ 感想・意見交換

◯実践を受けた者の反応

・手に取るだけで動かし方が直感でわかる。

・マジックで描いた線の上を動く姿がかわいい。

・低学年でもプログラミングの体験ができそう。

・カラーコードの描き方にコツがいるので,カラーコードをタックシールのように貼るようにしたら誤作動が防げると思う。

・1人でやるよりペアやグループで取り組むのが楽しそう。

・子どもたちにどのような課題を提示するのか,そこを考えていきたい。

◯感想

貸していただいた台数が多かったため,同時にいろいろと試すことができた。授業で使うなら,4人に1台で課題を提示しても十分足りると感じた。 クラスルームキットがあれば,多様な形態や複数クラスの同時使用など自由度が増えると思う。ケースと充電ができるところが管理上,魅力的であった。 今回2セット貸していただき,多くの教員と語り合うことができた。

IMG_2141 - TA DA.JPG

児童にどのようにプログラミングを教えるか職員の方も悩みますよね。Ozobotはプログラミングの知識がなくても紙と色ペンを使って簡単にプログラムが組めるので、プログラミングが初めての児童でも大丈夫!Ozobotを使って楽しみながらプログラミング的思考を身につけていきましょう!



みなさんも無料でレンタルできるクラスルームキットを利用してみませんか?

また、プログラミング教育に興味のある方はぜひこちらもご覧ください。