日本最大級のozobotの祭典を開催!

2019年7月27日(土)に中央大学にて、Ozobotが100台以上集まる「Ozobot Festival」を開催しました。

DSC_0063.JPG

「Ozobotと一緒に未来へ」を合言葉に、実際にOzobotを使った小学校や中学校での実践事例のトークセッション、子ども向けワークショップなどプログラミング体験、そしてOzobotを使った様々な教育事例や海外でのプログラミング教育事例など展示などが行われました。

DSC_0081.JPG

2020年4月から開始されるプログラミングの必修化を前に、小学校や中学校の先生、そしてプログラミングをお子さまに学ばせたい保護者の方々、そしてITに関して興味のある高校生や大学生,社会人まで幅広く楽しんでいただきました。

DSCF4276.JPG

8人のスペシャリストによるセミナーが行われた中で、特別ゲストとして、Ozobotを発明したネイダー・ハムダ氏も「なぜ私はOzobotを発明したか?ーOzobotが広げる子どもの可能性、アメリカおよび世界の事例を元に」について講演しました。ozobotというものは、ハムダ氏のお子さんとのふれあいの中から生み出されたものであること、そしてozobotは新たな教育を世界のどこでも同じ体験できるように安価で必要最低限の機能で実装されたものであることなど、興味深い内容が盛りだくさんでした。

今回を逃した方は、他にも様々なイベント情報がozobotのfacebookページから流れているので、ぜひ今後チェックしてください!