ちょうどいい線を描こう!

Ozobotは5ミリ程度の太い線の上を走ります。太マーカーを使って描くのが一番早い方法ですが、フェルトペンや細いマーカーを使う場合は、何度も重ね塗りをして線を太くしてください。


交差点を描こう!

Ozobotはコードでの指示が無い限り、交差点ではランダムに曲がります。コードで指示を与えて、Ozobotを自在に動かしましょう。


カラーコードを描こう!

カラーコードは2〜4色からなる色の配列のことです。黒いマーカーで描いた線に直接描き込んで使用します。Ozobotは赤・緑・青・黒と白色の範囲を検知して、それに応じた動きをします。

 

Just Print And Play!

プリントして、Ozobotをカラーコードと組み合わせて走らせてみましょう!


 

手順 1

OzoBlocklyにアクセスしてブロックを組み立てたら、手元にOzobotを準備します。左図の手順に従って、キャリブレーション(センサーの調整)を行って下さい。

※OzoBlocklyをご利用になる際には、必ずタブレットやPC画面の輝度を最大にしてご利用下さい。画面の輝度が十分でない場合、Ozobotのセンサーが色を識別できない場合がございます。


手順 2

キャリブレーションが成功したら、次はいよいよブロックで作成したプログラムを、色情報に変換してOzobotに読み込ませます。

左図の手順に従って、プログラムの読み込みを行って下さい。


手順 3.jpg

手順 3

Ozobotが緑色に光って読み込みが成功しら、準備は万端です。

電源ボタンを2回連続でプッシュして、Ozobotを走らせましょう!

 

Ozobot専用カラーコードシール解説

 

カラーコードシールは、黒のマーカーで引いた線の上にシールを貼るだけで、そのシールの上を通過したOzobotにコードを読み込ませることができるツールです。

※注意:「Uターン」のシールは、黒い道が途切れた端に貼ってください。また、「Uターン」以外のシールは、道の途中に貼らないと正確に動かない場合があります。

 

ファンクション

 

ゆっくり
このコードの上を通過後、Ozobotの進む速度が遅くなります。

はやく
このコードの上を通過後、Ozobotの進む速度が早くなります。

まっすぐ
通常Ozobotは交差点でランダムに曲がりますが、このコードを通過後に交差点に差し掛かったときは、直進する道があれば、そのまままっすぐ進みます。

右へ
通常Ozobotは交差点でランダムに曲がりますが、このコードを通過後に交差点に差し掛かったときは、右に曲がる道があれば右に進みます。

左へ
通常Ozobotは交差点でランダムに曲がりますが、このコードを通過後に交差点に差し掛かったときは、左に曲がる道があれば左に進みます。

Uターン
線の途切れている部分にこのカラーコードを貼ることにより、OzobotがUターンして、それまで走ってきた道を帰ります。

 

かたつむり
「ゆっくり」よりもさらに遅い速度で走るようになります。

ターボ
「はやく」よりもさらに早い速度で走るようになります。

まっすぐジャンプ
このコードの上を通過後まっすぐ走り続け、次の線を見つけるまで、線のない部分を突っ切ります。

右へジャンプ
このコードの上を通過後すぐに右折し、次の線を見つけるまで、線のない部分を突っ切って走り続けます。

左へジャンプ
このコードの上を通過後すぐに左折し、次の線を見つけるまで、線のない部分を突っ切って走り続けます。

一時停止
このコードを通過した直後に2〜3秒その場に留まった後、再び動き始めます。